0%

last updated 2021.06.14

other

Macの自動変換(ライブ変換)をオフにする方法

比較的最近のMac OSで実装された機能に「ライブ変換」というのがあります。

これは、文字入力中にスペースキー押下要らずで同時進行変換してくれる機能。

これ、初めて使った時は「爆速ライティングだ〜!!」と感動したものの、使っているとだんだんやりづらさを感じるようになりまして。

そこはひらいといてほしいのに〜〜〜! みたいなことがわりとある

調べたらわりとサクッとオフにできたので、備忘のために残しておきます。

Macのライブ変換をオフにする

デスクトップ画面右上から文字入力のアイコンをクリックします。

そしたら、現れるプルダウンから「ライブ変換」を見つけてチェックを外す。

以上、これだけです。簡単でしたね。
不便さを感じつつ、業務に追われてしばらく修正できずにそのまま仕事してたんですが、今となってはもっと早くやればよかったと思ってます。

でも、オフにするとなぜか

ただ…。
なぜか、ライブ変換をオフにすると、入力がちょっと重くなる気がするんですよね。

調べても同じようなケースを見かけなかったので私だけなんでしょうか。なんか、ことあるごとに.2秒くらいの「ひっかかり」を感じることがある。
長文を打ってる時とかわりとストレスで、直らないようならまたライブ変換をONにするかもしれません。

ライブ変換ONで重くなるのはまだわかるけど、なぜOFFで…

ここに関してはもうすこし使ってみて、続報があったら記事を更新します。

ちなみに

普段はWindowsデザイナーなのですが、最近仕事の都合でMacを使うシーンが増えました。

常駐系のお仕事だとマシンを貸与されるケースが多いのです

はじめは戸惑うことも多かったんですがだいぶ慣れてきました。 いろんな部分でUIが行き届いていているのを感じて、「やっぱクリエイターにはMacなんだなあ」と思い知らされてます。

ただねえ… PCゲームするなら断然Windowsなんですよねえ……….!!!

ゲームは私にとってインプットの源泉なのでクリエイティブ業務の一環です(暴論)

recommend

develop / 2021.05.09

svgの縦横比を可変にする
svg